×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

The・丼







 さて、実に2ヶ月ぶりの更新となってしまったが、おそらくは今後も相棒に時間ができるまで、
このような(といってもさすがに2ヶ月はもう無いと思うが)状況が続くと思われる。

今回は私、Heartnetだけのレビューとなる。
行った店は、札幌駅前のエスタ地下、丼専門店「The・丼」。
以前より気になっており、いずれMarshmallowと行こうと思っていたのだが、あいにく忙殺されて
いるようなのでずっと見合わせてきた。結局、別の友人と行ったわけだが…それは置いといて。
入口は前後に一つずつあり、表側(写真)にはメニューが展示されているのですぐわかると思う。
店内にはいると席は空いているところを見つけて自由に座る。ほどなくして店員さんがお茶を手に
やってくるが、注文はその時でもその後でも構わないのでゆっくり選んで欲しい。

 私が注文したのは、「月見さけとろ丼」(税込577円)。
400円台からの価格設定となっているので比較的安い部類に入る。
温かいご飯の上にたっぷりのさけとろが乗り、散らされたのりが豊かな風味をもたらす。中心に
座する半熟卵が食欲をそそる。せっかく見た目が綺麗なのだが、食べるときにはこれらを箸でま
ぜあわせ、そこに少量の醤油を垂らしていただくことになる。
ではさっそくレビューに入ろう。


ごはん   rice

 普通においしい。さすが丼専門店だけあって硬さ等もうまく調整しているようだ。


きざみのり   carved seaweed

 割と香りがいい。中級品かちょっと上のものを使っているのだろう。うまく他の食材を引き立
たせている。


さけとろ   salmon's toro

 自分が以前回転寿司で働いていたときにこうしたミンチ風とろの真実を知ってしまっていたの
で少々疑いつつ食べてみたが、大丈夫。この店は本物を使っている。もし仮にそうでなかったと
してもわからないくらいのおいしさだ。口の中でとろける感じは人工とろでは出せない。


半熟玉子   soft boiled egg

 月見、なだけあってさけとろとともに主役の卵。あえて生卵を使っていない分、ちゃんとした
食感ととろの滑らかさをうまく助長できている。箸を入れた瞬間、とろりと黄身が流れ出るあの
瞬間はなんとも幸せなものである。


価格   price

 あと2、30円ほど安ければちょっと寄っていこうかなという気にさせられると思えるだけに惜しい。

単品評価:★★★★





追加れびゅー:2005/09/06 〜この間再び、Marshmallowと行ってきたので追加〜。

 やっっっっっっっっっとのことでMarshmallowとThe 丼へ。念願叶ったりィw

↓クリックで拡大(上だけ)
 ここへ行くのは今回が二度目。別にひいきしてる訳じゃな
いんだけど、Marshmallowが行きたいというのでまあおいし
かったしまた行くか〜と。

 店舗については以前書いたので割愛させてもらうとして、
今回食べたのは…食べたのは…「まぐろビビンバ丼」…だっ
たかな、名前うろ覚えw

 実を言うと私は辛いモノが苦手。なのになぜか頼んでしま
ったのだが、三口目からもう汗ダクになるくらい辛い。もう
それしか印象が残っていないくらいに。とはいえそれだけと
いうわけにもいかないので↓


具   material 

ビビンバといってもほうれん草ときんぴらごぼうがが乗って
いて、卵が半熟であり、まぐろのトロが乗っているという形
で牛肉が入っていない分あっさりした感じ。女性でも重くな
くて食べやすいかもしれない。さらっとかけられたコチュジャ
ンが食欲をそそる…けど辛いのはやっぱ大変だった_| ̄|○
よく混ぜ合わせればトロのおかげで口当たりが滑らかになっ
て食べやすいかも?


ごはん   rice 

前回行った時には気づかなかったが、平日のみ開店〜15時迄
無料で大盛りにしてくれる(15時以降は別途50円で提供)。



いやあ辛かった辛かった。辛いモノはレビューしにくいです、はい。それにしても、朝鮮半島って昔から牛が少なかっ
たらしいけど、ビビンバの牛肉ってどうやって手に入れていたんだろうか。う〜ん、謎。近代になってから出来たん
かね?

単品評価:★★★☆☆     総合評価:★★★☆☆




今回HeartnetとMarshmallowが訪れたのは、札幌駅前ESTA地下に位置す
る、The丼である。この店には先日のレビューの通り、Heartnetが既に訪
れて居たのだが、Marshmallowはまだ行ったことが無かったのでHeartnet
の紹介でこの度訪れてみることになった。

このESTA、丁度1Fはバスターミナルとなっているためか、The丼での取材
中も時々揺れを感じていた。少し地響きがするため、一瞬地震か!?と思
われる人も居るかと思うが、心配しないで頂きたい。個人的には、恰幅
の良い店員さんが注文に来た為の音かと思った事は内緒にしておこう(爆


そしてHeartnetとの暫しの談話の後、店員さんが品を運んできた。今回
注文したのは『月見ネギトロ丼』である。早速ここからレビューといこ
う。
上から、半熟卵、ネギトロ、きざみのり、ご飯という順番に丼に盛って
ある。勘の良い方は既にお判りであると思うが、ネギトロの上に半熟に
した卵が1個乗っているので、ビビンバのようにかき混ぜて食すと良い
らしい。
次にネギトロであるが、これはよくある"赤身"を包丁でミンチ状にした
ネギトロ、とは異なり、少し脂が乗った部分を使用しているらしく、本
当の意味での『ネギトロ』なのである。従って食感も上々。写真右側の
わさびを醤油に溶かしてこのネギトロと絡めて食べると本当に美味しい。
次にきざみのりだが普通の市販ののりの風味と違って、確かな磯辺の香
りが優しく舌を包むのである。のりらしい「パリッパリ」という食感も
感じられるので楽しく、さらに美味しく感じる。

最後にご飯であるが、『日本人は米!!』という印象を全く無視し、とりあえず敷いた。という程度の少なさには正直
がっかり。メニューには確かに「丼に合う上質の厳選米を使用しており〜」との記述があるのだが、やはり少し質が
悪くても主食の米が少ないと空腹時にはやはり物足りなさを感じてしまうものである。お昼時には無料でご飯大盛り
サービス、というものがあるものの、それを頼んでしまうと今度は具が少ないとさえ感じてしまうので注意した方が
いい。

先述の通り、半熟卵を潰してかき混ぜて食べたときの味や食感、風味には殆ど言うことがない(個人の味覚に依存す
るものなので)が、はやり日本人は昔から農耕民族として生きてきただけに量は譲れない要素かと感じたので評価は
3つ』。でもネタの味は割とオススメです。ちょっとした空腹の足しにはなるかと・・・。

総合評価:★★★☆☆


TOPへ戻る  食べ歩き編(一覧)へ戻る  BBSへ飛ぶ