×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。








 今回HeartnetとMarshmallowが訪れたのは札幌市の南区澄川に
位置する沖縄料理専門店「ごろん亭」である。元来沖縄という
地に魅力を感じていたHeartnetとMarshmallowだったが、住んで
いる地域が北海道ということもあって、直接的なふれあいはなか
なか出来なかった。そこでつい先日、久しぶりに取材行くかーと
考え、2人で話し合った結果、今回紹介する『ごろん亭』が候補
に浮かんだのである。このごろん亭は、先述の通り札幌市南区澄
川に位置し、住宅街の中にひっそりとたたずむ言わば「知る人ぞ
知る」店舗なのである。
札幌市内に複数点在する沖縄料理店の営業時間が基本的に深夜で
あるため、交通機関がなくなる時間帯は徘徊できないという話か
ら、日中営業している店舗をInternetで探した。するとそこに「ごろん亭」があったという流れである。
実際に赴き玄関をくぐるとそこは沖縄!という雰囲気が管理人2人を包んだ。店の中にあるメニューはす
べて沖縄語表記で、カウンター席の目の前には沖縄限定の日本酒の代表格「泡盛」の様々な種類が陳列さ
れている。普通の日本酒に飽きたんだけどなかなか別のものにありつけない・・けど北海道から酒のため
だけにわざわざ出たくないしなぁという人にはオススメかもしれない。



(注)
 管理人は未成年のため、酒についてのレビューは出来ない。むしろ飲めないのでご了承下さい。


 そして席に着くや否や、店員の方が暖かいお絞りでお客さんをお絞r・・じゃなくて、おもてなしして
くれる。HeartnetとMarshmallowがごろん亭に赴いたのは丁度昼頃だったため、店のメニューはランチと
なっていた。この店、土曜日と日曜日と祝祭日は日替わり定食が休みなのでご注意を。そしてHeartnetは
大好きなゴーヤーチャンプルー定食を、Marshmallowは角煮定食をチョイス。Heartnetが注文したゴーヤ
ーとはご存知「苦瓜」のことで、食べなれない人には非常に過酷な味なのである。そして5分程度待ち、
注文した商品が運ばれてきた。見るからに美味しそうなゴーヤーチャンプルー定食と角煮定食。早速箸を
手に取り検証開始。
 かなり煮込んであるのか、脂身からは脂だけが無くなって、コラーゲンOnly!箸をちょこっと入れるだ
けでホロホロと崩れる角煮には正直驚きを隠せなかった。その他ご飯、サラダ、そして沖縄そばが付いて
くるのだが、このボリュームで850円というのは成人男性でも頷ける価格設定であろう。そして量にも
注目したい。
 普通の店で角煮とくれば2〜3切れをよく想像するが、ココごろん亭では大きな肉の塊がドーン!と乗
っているのである。ゴーヤーチャンプルー定食にも惜しげもなくゴーヤーがてんこ盛りじゃーあーりませ
んかっ!!(発狂
 そんな美味しそうにゴーヤーを頬張るHeartnetを不思議そうに見ていると、「食べてみるかい?」とい
うHeartnetの囁きが聞こえ、甘えさせていただき、その問題のゴーヤーを少しかじるMarshmallow。と、
次の瞬間、「ウッ・・。」正直、小児科の風邪薬。慣れてないので食えませんでした(涙
 まぁ店の雰囲気も悪くなく、店員さんも案外やさしい人で、店の料理もカナリ美味しい!!というとこ
ろから今回の個人的な評価は『5つ♪』料理の量も味も文句無しの内容でした♪♪♪
皆さんも一度訪れてみてください!!!オススメですよ〜(笑

総合評価:★★★★★







 今回我々が赴いたのは、沖縄料理居酒屋、「ごろん亭」である。ごろん亭は南区澄川駅から徒歩3分程
度の距離で、マンションの一階にテナントとして入っている。価格は定食が700円から非常にリーズナ
ブルで、単品ならさらに安くなる。私は昨年、誕生日に家族と来たことがあり、その時は沖縄そば、ごー
やーちゃんぷるー、スクガラス豆腐等を食べたのだが、今回は昼食ということもあり、ごーやーちゃんぷ
るー定食とした。内容はごーやーちゃんぷるー、ごはん、沖縄そばの三点で、値段は700円と安い。こ
れは沖縄の大衆食堂にもいえることだが一般に安くてボリューム満点が基本となっている。
さて、まずごーやーちゃんぷるーだが、どういうわけかこの日出たのはいつも私が食べてきたものとは微
妙に異なっていた。基本的にこの食べものは、ごーやー、豚肉、卵、豆腐で構成されているのだが、今回
は卵の代わりに炒めたタマネギともやしが入っていた。卵が切れていたのだろうか。豆腐も本来であれば
島豆腐という沖縄独特の堅い豆腐を使うのだが、焼き豆腐で代用されていた。とはいえ、これはこれでた
れの味がしっかりと染みてうまいのだが。
 次にごはん。これが味の染みた焼き豆腐と絶妙な相性でとてもうまい。コシヒカリか秋田小町か、いず
れにせよ高級米を使用しているようだ。
 そして沖縄そば。これには沖縄の調味料、コーレーグース(唐辛子を泡盛につけたもの)を入れるのであ
るが、賞味期限の切れた物を出された。99年3月23日、実に6年近い年月が過ぎている。が、そもそも材料
が泡盛という貯蔵製品なので特に問題はないのだろう。この店は沖縄料理を北海道の人向けにアレンジし
ているとのことだが、しかしこれは本場そのものの味でしっかりとかつおだしが効いており、麺にもコシ
がある。

 最後に内装と店員。内装に関しては木造の落ち着いた雰囲気で、暖房も用意されていて暖かい。店内の
あちこちに泡盛の瓶と甕(かめ)が置かれており、沖縄の小料理屋、といった佇まいだ。ただ、店員はとい
うとおばちゃんが一人できりもりしているため忙しいのもあるのだろうが、愛想がない。地理的な問題か
ら常連客にしか気が回らないようだ。もっとも、ただ飲み食いしたいだけなら満足できるだろう。

総合評価:★★★★
TOPへ戻る  食べ歩き編(一覧)へ戻る  BBSへ飛ぶ