×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。






 これまた道内限定企業、「回転寿司とっぴ〜」の
レビュー。とっぴ〜は全道に16の店舗(内4店はフラ
ンチャイズ)、福島県郡山市に1の店舗を展開してい
る。る。120円と220円の皿だけという良心的な価格
設定により大人気を博している、現在成長中の企業
だ。
私個人ではよく川沿店(1号店)へ行くのだが、今回
はフランチャイズのエスタ店へ赴いた。
 エスタは札幌駅南口広場に隣接する、ビックカメ
ラ札幌店の入っているビルで、その10階のレストラ
ン街の一角にとっぴ〜はある。奥行きのある縦長の
形状で、カウンター席とボックス席に分かれており、
見た感じ一度に最大50〜60名の収容が可能だ。営業
時間は午前11時〜午後10時。遊んだ帰りにちょっと
寄ることもできる。さて、その低い価格設定による
メニューの内容はと言うと、


120円:サーモン・まぐろ・ほたて・いか・かつお
   たまご・巻物・ねぎとろ・まぐろ納豆・たら
   こ揚物各種等々…

220円:キングサーモン・中トロ・うなぎ・うに(4月
   〜8月は生うに)・各種活物・各種汁物等々…


となっている。で、今回食べたのはサーモン・まぐ
ろ・ほたて、ねぎとろ・かつお(全て120円)だった
のだが、とてもその値段とは思えないほどネタが大
きく、しかも厚切りであり、その上味もしっかりし
ているというまさに三拍子揃ったというところであ
った。またねぎとろ(おそらくは他の軍艦も)におい
てはわずかながら海苔独特の香りが漂っており、食
欲をくすぐる。かつおには予めタレ(醤油ベース)が
かかっており、しょうゆを付けずにそのままいただ
ける。他ならおそらくは230円以上はするであろう
と思われる質だ。

まるで回し者であるかのようにべた褒めのレビュー
となったが、少ないお金でおいしい寿司を食べるに
は本当にもってこいの店だ。

総合評価:★★★★★





 さて、今回は道内で有名なファミリー回転寿司の
『とっぴー』に潜入した。この「とっぴー」である
が、Marshmallowが確認しただけでも、5店以上あ
る。札幌市南区硬石山店、清田区北野通店、札幌駅
直結ESTA店、札幌市西区新川ACB店、岩見沢店etc...
である。他にも出店しているようだが、今のところ
確認は取れていない。そしてこの店は「ファミリー
回転寿司」という事もあって、皿の種類は、「126
円(税込)」と「231円(税込)」の2種類しかなく、
脂肪控えめの中とろや、ウニ・アワビ・生ずわいとい
った近海物の新鮮な魚介類がこの低価格で食べられ
るというのが最大の売りとなっている。客席はカウ
ンター席と4人用BOX席とがある。1〜2人で来店
した人はカウンターに座るという原則はあるものの、
昼間等お客さんが少ない時間帯だとその少人数でも
BOX席が使用でき、ゆっくりと寿司を賞味出来ると
いう融通が利くのも魅力の一つだろう。

 このとっぴーは以前から良く利用しているが、前
述の通り新鮮なネタが揃っているので、いつでも美
味しい寿司が食べられる。店の雰囲気も落ち着いた
感じで良好。そして店員の威勢の良い掛け声も良い。
営業時間は各店それぞれで異なる様なので、各自で
確認して貰いたい。そして札幌市南区の『硬石山(こ
うせきやま)』に位置する「とっぴー」は、回転寿司
だけではなく、同一の建物の2階に銭湯が入ってい
るので寒い冬等には非常に便利だと感じさせられる。
ただ、夜になると混雑し、順番待ちの客でごった返
すので、早めに入った方が無難であるのは「とっぴ
ー」の鉄則である。

 時期によってネタの種類も微妙に異なり、多い時
期になればネタは4、50種類にもなるので、複数
回足を運んでみると楽しみも増えそうである。そし
て各店舗に
よって比較できない良さもあるので、機会があれば
各々の価値観から見つめてみるのも面白いかもしれ
ない。そんなこんなで今回のレビューは収拾がつか
なくなってきているのでこの辺で〆ようと思う。

最後に「とっぴー」を一言で表すと、『格安で新鮮
な店』という感じ。Marshmallow個人としては「い
つもの味」という感覚だったので、星は敢えて3つ。
もう少し、『このために行くんだ!』という要素が
見つから無かったので残念でした。

 補足:この「とっぴー(札幌市南区硬石山店)」の
    近くに、以前取材した
   「スタミナ太郎(石山店)」が存在する。

総合評価:★★★☆☆









































































































TOPへ戻る  食べ歩き編(一覧)へ戻る  BBSへ飛ぶ